はーとべるツアー

《 南信州発、バスの旅で楽しいこと見つけよっ♪ 》

本日も吉日なり! 飯盛山 夏山登山

 

DSC04806DSC04833
7/25のはーとべるツアーは、今季の夏山ハイキング登山企画の第三段、
八ヶ岳・南アルプスの展望台として多くのハイカーに親しまれている、
「信州野辺山高原、標高1,643mの飯盛山(めしもりやま)」です。
その名のとおり、ご飯を盛ったような美しい山容の山を目指して、
甲府から来たという保育園児の遠足登山団体ご一行様にも驚きながら、
我がはーとべるハイキングメンバーも負けじと汗しました。
夏山らしい、白い雲・青い空・360度の展望の山々に感動!
ランチタイムも、日射しを遮る施設がないにもかかわらず、
下界と違ったさわやかな風が心地よい贅沢な一時を過ごしました。

追伸、「絶対に晴れるから!」とお誘いした方々もいる手前、
「でしょ!でしょ!」と鼻高々に、そして実はほっと肩をなでおろしている
添乗員熊谷がそこにいました。


はーとべる 20:36  Comments (0)

本日は晴天なり! 西穂山荘・丸山 夏山登山

DSC04572 DSC04642

昨日の栂池自然園に続き、7/23は梅雨明けの夏山登山企画、
西穂山荘・丸山登山コースに同行しました熊谷です。
参加者の中にも、栂池自然園と本日の西穂山荘・丸山コースと
連日参加の強者もいらっしゃって、僕も負けてはいられません。
さて、下界は相変わらずの猛暑日の中の出発。
新穂高ロープウェイを使い、西穂高口へと到着し展望台に登ったら、
「おいおい、またガスが出てきちゃったよっ~。大丈夫かな」
とちょっぴり不安を抱えての登山開始となりました。
が、
登り切った丸山山頂にて記念の集合写真を撮ろうとした、
まさにその瞬間、太陽の光が差し込み一気に視界が開けたのです。
「うぉー」との感激の声がこだまし、
「あれが独標、ピラミッドピーク、そして西穂高岳!」
「笠ヶ岳、焼岳、乗鞍も見えてきた!」
「上高地が見えるぞ!あの赤い屋根は帝国ホテルだ!」
と全員この感動を抑えられませんでした。
しばし夏山の絶景を楽しみ、西穂山荘にて昼食。
復路は、ますます天候が好転した一日なのでした。


はーとべる 18:53  Comments (0)

栂池自然園展望湿原より「白馬三山顔出して~っ!」

DSC04490 DSC04493

梅雨明け7/22の栂池自然園ハイキングツアーは、
猛暑日が続く暑い下界を離れて、標高1,800m~2,000mの
さわやかな高原の旅でした。
白馬三山の眺望は、残念ながらおあずけとなりましたが、
花の見頃を迎えている、コバイケイソウやキヌガサソウなど、
夏の湿原を彩るさまざまな花に癒されました。

上の写真は、展望湿原にて昼食をとる参加者。
「お~い白馬連峰!顔出してくれっ~!」「小蓮華が顔出したぞ~っ!」
「もうちょっとガスよ晴れてくれ~っ!」「大雪渓は目の前のはずだ!」
との祈りの声が伝わりますでしょうか?


はーとべる 17:54  Comments (0)

本白根山 高山植物の女王「コマクサ」見頃!

DSC04286

  本白根展望所を目指して!

DSC04247

本白根探勝遊歩道付近の群落!

ハイキングツアー7/11の旅は、草津の名峰「草津白根山」の旅でした。
草津白根山は、白根山・逢ノ峰・本白根山の三山を総称した呼称ですが、
この季節は、高山植物の女王と呼ばれる「コマクサ」の花を訪ね
本白根山周回ルートをメインにハイキングを楽しみました。
見頃を迎えた濃紅色の「コマクサ」の群落は、梅雨空の疲れを
吹き飛ばすように参加者に感動と力を与えてくれました。


はーとべる 16:24  Comments (0)

甘利山レンゲツツジ満開!

2010062209130001.jpg 

本日のハイキングツアーは、南アルプスの前衛、山梨百名山の「甘利山・千頭星山」の登山コースです。
梅雨時の心配された天候は、晴れ男・晴れ女の皆さんのおかげ?で非常にラッキーなことに雨にもあわず全行程終了。
甘利山山頂のレンゲツツジは、まさに満開状況で歓声がこだましました。
標高2,139mの目的地「千頭星山」までの急登に汗した後のお弁当のおいしかったこと。充実の山旅の達成感を18名の参加者で分かちあいました。


はーとべる (哲夫) 19:42  Comments (0)