はーとべるツアー

《 南信州発、バスの旅で楽しいこと見つけよっ♪ 》

鎌倉 御成通りの素敵な店

皆様、8月に入りましたが、鬱陶しい曇りの湿度の高い朝となりましたね。健やかにお過ごしでしょうか。本日は鎌倉の御成通りについて書いてみます。
御成町は鎌倉駅西口の地域で、町名は市役所、商工会議所、御成小学校、市立中央図書館の一帯が天皇家の鎌倉御用邸の跡地であることに由来します。鎌倉駅西口から江ノ電の線路と平行していて、長谷小路に抜ける通りが御成通りです。小町通りに比べると観光色が薄れた地元民が多い通りで、落ち着いた雰囲気の中で買い物や食事を楽しむことができます。
くろぬまは昭和20年創業の本業は紙屋ですが、昭和30年代を思わせるレトロな、かつて駄菓子屋で売っていたような玩具を売っているお店です。こうしたお店が今も愛されている点が、御成通りの素晴らしさだと思います。
鎌倉 カフェⅡ 047鎌倉 カフェⅡ 018御成通り地図鎌倉 カフェⅡ 020鎌倉 カフェⅡ 019鎌倉 カフェⅡ 021

現在の御成通りには、くろぬまのような伝統あるお店に加えて、ここ3年くらいの間にオープンしたお店が多数あり、新しい時代を迎えつつあるようです。鎌倉コーヒー豆.comは、葉山で40年続き2015年6月に閉店してしまった、「もうひとつの風景」が開店したお店です。毎日焙煎したての特徴ある珈琲豆を販売し、水出しコーヒーやプリンなどを味わうことができます。
鎌倉 カフェⅡ 035鎌倉 カフェⅡ 038鎌倉 カフェⅡ 036鎌倉 カフェⅡ 037
2017年5月にオープンしたTANE ROASTERY COFFEは、本格的なコーヒーをコーヒースタンドで提供するお店で、一杯ずつ丁寧に入れてくれます。
鎌倉 カフェⅡ 022鎌倉 カフェⅡ 023鎌倉 カフェⅡ 024鎌倉 カフェⅡ 025自閉症の子供たちの出会いのスペース「スウィッチ」は、平日のお昼までと日曜日の午後はカフェスペースとしても運営されています。
鎌倉 カフェⅡ 043鎌倉 カフェⅡ 045鎌倉 カフェⅡ 062
横須賀市秋谷に本店がある「新倉さんちの手づくりジャム」鎌倉店は、2017年のオープンです。地元三浦半島産の源泉素材の果物・野菜を使い、ペクチンや保存料を使わないで手作りしたジャムが並んでいます。
鎌倉 カフェⅡ 027鎌倉 カフェⅡ 028鎌倉 カフェⅡ 034
鎌倉くらんは、チョコレート製造会社の三ツ和商事がオープンさせたお店で、古都 鎌倉の文化や風土似合うような、日本人の嗜好に合わせたこだわりの味のチョコレートが並んでいます。
鎌倉 カフェⅡ 039鎌倉 カフェⅡ 074鎌倉 カフェⅡ 075鎌倉 カフェⅡ 076鎌倉 カフェⅡ 077鎌倉 カフェⅡ 078
今回の御成通りの記事は、いかがだったでしょうか。次回も鎌倉に題材をとって記事を書いてゆきます。鎌倉より中島の報告でした。

社長くん 07:14  Comments (0)
コメントはまだありません
Leave a comment