2017奈良の牡丹 當麻寺奥院

2017年5月22日

皆様、本日も晴れの夏のような気候の朝となりましたが、健やかにお過ごしでしょうか。本日より4回に渡って、當麻寺の塔頭寺院の牡丹をお届けいたします。本日は奥院の牡丹です。
當麻寺は7世紀創建のお寺で、山号は二上山といいます。創建当時は三論宗の寺院でしたが、空海が留錫して高野山真言宗の寺院となり、鎌倉時代以降に當麻曼荼羅図と中将姫伝説が阿弥陀信仰と結びついて浄土宗が入ってきて、現在では、高野山真言宗と浄土宗、並立の寺院となっています。創建当時の本尊は金堂の弥勒仏でしたが、現在は本堂の當麻曼荼羅が本尊となっています。奥院は、浄土宗総本山知恩院の「奥之院」として建立された寺で、最初は往生院と呼ばれていました。浄土宗の大和本山として多くの人々の信仰を集め今日まで護持継承されてきた名刹です。
牡丹 関西 2017 534牡丹 関西 2017 434牡丹 関西 2017 530牡丹 関西 2017 447牡丹 関西 2017 287牡丹 関西 2017 300


(続きを読む)