公開日 2017/03/06 最終更新日 2017/03/06

2017東京の梅  亀戸天神社

皆様、本日はすっきりしない天気の朝となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。本日は、東京都江東区亀戸にあります亀戸天神社の梅をご紹介いたします。
亀戸天神社の祭神は菅原道真で、1600年代中頃に、菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐が、江戸の本所亀戸村にたどり着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まりとされています。古くは総本社に当たる太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」「本所宰府天満宮」と称されていましたが、明治に府社となり亀戸神社、昭和になってに現在の亀戸天神社という名称になりました。 東京スカイツリーの直ぐ近くで、天神社に特有の牛の像も置かれています。学問の神様のご利益を期待した受験合格祈願の絵馬が、たくさん納められています。
2017東京の梅 2172017東京の梅 2222017東京の梅 2552017東京の梅 3002017東京の梅 2722017東京の梅 266

神社内には菅原道真の5才の像が置かれ、崇敬を集めています。
2017東京の梅 2572017東京の梅 2582017東京の梅 259

亀戸天神社では、1月24日、25日に鷽替神事がが行われます。うそは幸運を招く鳥とされ、江戸時代から庶民の間では木彫りの鷽が縁起物として親しまれていました。うそ替え神事とは、毎年新しい鷽鳥にとり替えることで、これまでの悪い事が嘘(うそ)になり一年の幸運を得ることができるという云われに始まります。この愛らしい木彫りはこの2日間でしか手に入りません。亀戸天神社の鷽鳥は檜の一刀彫にて、神職の手で一体一体心をこめて作らています。
2017東京の梅 2672017東京の梅 2692017東京の梅 2702017東京の梅 273梅まつりは2月の梅の時期に行われます。その時期には、社殿の左右の白梅、紅梅がともに満開です。梅とともに5月の藤の名所でもあるので、梅と藤が描かれた絵馬も奉納されていました。
2017東京の梅 2162017東京の梅 3092017東京の梅 2642017東京の梅 2652017東京の梅 2792017東京の梅 2742017東京の梅 2532017東京の梅 2712017東京の梅 2482017東京の梅 3042017東京の梅 282
それでは、個々の梅をご覧いただきましょう。
2017東京の梅 2342017東京の梅 2292017東京の梅 2302017東京の梅 2752017東京の梅 2762017東京の梅 2352017東京の梅 2362017東京の梅 2372017東京の梅 2382017東京の梅 2392017東京の梅 2422017東京の梅 2432017東京の梅 2442017東京の梅 2452017東京の梅 2462017東京の梅 2802017東京の梅 2812017東京の梅 2872017東京の梅 2882017東京の梅 2932017東京の梅 2942017東京の梅 2952017東京の梅 2962017東京の梅 2972017東京の梅 2982017東京の梅 3052017東京の梅 306
曇りのいまひとつの天気でしたが、梅の香で幸せな気分になった中島でした。次回は、湯島天神の梅について書いてみます。東京より中島の報告でした。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
はーとべるツアー

はーとべるツアー

南信州飯田から、出逢いや感動・旅仲間を見つけるちょっと贅沢な新発見旅に出かけませんか。 「はーとべるツアー」では心温まる新しいバスツアーを皆様に発信していきます。
PAGE TOP
LINE it!