公開日 2017/03/08 最終更新日 2017/03/08

2017鎌倉の梅  東慶寺

皆様、本日は寒の戻りの肌寒い朝となりましたが、健やかにお過ごしでしょうか。2017鎌倉の梅の第1回の今回は、北鎌倉にあります東慶寺の梅をお届けいたします。
東慶寺は、安達泰盛の異母妹で8代執権北条時宗の妻であった覚山尼が開山のお寺です。かつては尼寺で、5世の後醍醐天皇の皇女の用堂尼や20世の豊臣秀頼の娘の天秀尼などが、住持を務めました。明治になるまでの約600年間、「縁切寺法」が許された格式高い寺院で、「縁切り寺」、「駆け込み寺」として有名です。明治35年に尼寺としての歴史を終えた後、明治38年に円覚寺管長であった釈宗演が入寺し、臨済宗円覚寺派の寺院として中興します。釈宗演の声望を慕って、門下には政財界人、哲学者などが多数集まり、その中の一人の鈴木大拙は「松ケ岡文庫」を設立し、東慶寺は世界的な禅文化発展の拠点となりました。東慶寺のメインの花は6月の紫陽花ですが、1年中何らかの花があるお寺で、梅の名所としても知られています。
2017東京の梅 3102017東京の梅 3182017東京の梅 3112017東京の梅 3392017東京の梅 3372017東京の梅 3432017東京の梅 319中島が訪れた2月24日は暖かく、多くの梅見客で賑わっていました。
2017東京の梅 3342017東京の梅 3212017東京の梅 3132017東京の梅 3142017東京の梅 3652017東京の梅 3642017東京の梅 3592017東京の梅 3562017東京の梅 3482017東京の梅 350それでは、もう少し個々の梅の木に近づいて見てみましょう。
2017東京の梅 3692017東京の梅 3662017東京の梅 3682017東京の梅 3602017東京の梅 3612017東京の梅 3522017東京の梅 3512017東京の梅 3282017東京の梅 3262017東京の梅 323
今回の東慶寺の梅は、いかがだったでしょうか。次回は、同じく鎌倉の瑞泉寺の梅をお届けいたします。鎌倉より中島の報告でした。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
はーとべるツアー

はーとべるツアー

南信州飯田から、出逢いや感動・旅仲間を見つけるちょっと贅沢な新発見旅に出かけませんか。 「はーとべるツアー」では心温まる新しいバスツアーを皆様に発信していきます。
PAGE TOP
LINE it!