公開日 2019/06/01 最終更新日 2019/06/01

高さ15mに迫る雪の壁!立山雪の大谷・立山黒部アルペンルート往復コース!

立山黒部アルペンルート・雪の大谷フェスティバル!

早いものでもう6月、衣替えの季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。こんばんは、添乗員の熊谷哲夫です。

さて、5月23日(木)のはーとべるツアーは、立山黒部アルペンルート・雪の大谷散策コースでした。当日の雪の壁の高さの最高点は13メートルと、まだまだ迫力の景色を楽しんできましたよ。

室堂平では、4/15(月)~6/22(土)まで、立山黒部雪の大谷フェスティバルが開催されており、雪の大谷ウォークや雪の回廊ウォークが楽しめます。

この日はまた、一日中みごとな快晴に恵まれ、濃いブルーの空と、真っ白な雪山の絶景を楽しむことができました。

雪原の歩道を歩いて、みくりが池まで行ってみました。徐々に溶けてきてはいますが、まだまだ池も雪に覆われています。

さて、今回のルートは、扇沢駅から室堂駅までの往復コースで、ご一緒させていただきました。①当社のバス→➁関電トンネル電気バス→➂黒部ケーブルカー→④立山ロープウェイ→➄立山トンネルトローリーバスを乗り継いで、往復、延べ10もの乗物にご乗車いただいたわけですが・・・

ご参加されたお客様からは『結構ハードだったけれど、往路と復路の景色もまた違って見えてよかった。』とか、アルペンルートリピーターの方からは『通り抜けの場合、帰りのバスの時間がとても長くて苦痛だったから、往復ルートは意外にいいね。』等のお声をいただきました。

立山黒部アルペンルートは、四季折々に雄大な景色を楽しませてくれます。はーとべるツアーでは、コースをアレンジしながら、また企画してまいりたいと思います。どうぞ期待してお待ちくださいませ。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
熊谷哲夫

熊谷哲夫

はーとべるツアー 笑顔の休日案内人信南交通株式会社
はーとべるツアー発足当初から唯一の「生き残り?!」スタッフ。昭和40年生まれの、自称『笑顔の旅の案内人!』。ハイキングツアーをはじめ、全てのジャンルの旅企画に携わり、現在も年間70日以上のツアーに同行しています。趣味は、山歩き、写真・絵手紙、ピンバッジ収集など。よく口にする言葉は『旅は思い立ったが吉日だっ!』デス。
PAGE TOP
LINE it!